Handed-down transport

ダンプの査定で価値がわかる【買取金額をあげる方法】

架装トラックの販売と買取

高値で取引される理由

大型車

トラックは中古車として高値で取引されています。
普通乗用車の場合、年式と走行距離が価格に大きく影響しますが、トラックの場合、新車登録後に比較的走行距離が伸びてしまうため、走行距離よりもメンテナンス歴や車両の程度が大きく考慮されます。
日本では普通車の場合10万キロ走行が一つの節目であると考えられますが、トラックの場合中古市場では50万キロ超過の車両でも高値で流通しています。
とくに荷台部分がアルミウイングのパワーゲートの架装等がされている車両は新車価格が高いため、中古車の人気が高いです。
アルミウイングの車両はフォークリフトでの荷下ろしが可能で、オートパワーゲートのアルミウイングを搭載したトラックは架装費が非常に高額になるので、中古車人気が高いです。
新車の場合、キャビンとシャーシ部分を車両本体として購入し、その後にアルミウイングやパワーゲートの架装をします。
中古車であれば、すでにアルミウイングやパワーゲートが搭載されている車両が存在し、予算に合わせてそれを購入するのみです。
購入する場合に注目していただきたいのが、車体やアルミボディに大きな損傷が無いか、整備記録簿の記載がしっかりしているか、パワーゲートや稼働部が正常に動くことなど、車両の程度を確認することです。
海外市場では50万キロを超過したトラックでも特殊架装がしてある車は人気が高いです。
とくに日本製の車両であれば信頼性が高いため高額で取引されます。

査定の仕組みを理解する

トラック

運送業を行っている業者では、アルミウイングというトラックが最も多く使われ人気も高くなっています。
このアルミウイングは、積載スペースがアルミ製でできていますので、車重が軽くなりますので積載量を増やすことができます。
また、積載スペースをアルミで覆っていますので制裁物を雨や風の影響から守ることができるなどの特徴があります。
このような特徴のあるアルミウイングは、価格も高く中古市場でも人気があります。
アルミウイングを買い取ってもらう場合は、複数のトラック専門の買取業者に見積もりを依頼します。
多くの業者は、出張買取制度で対応していますので、車両チェックの日程を調整することになります。
買取り価格を高くするためには、まずは洗車をして見映えをよくすることが大切です。
車体のキズやヘコミは、素人が下手に手を加えるとかえって減額の原因になりますので、錆びを落とす程度で十分です。
それ以外に注意が必要なことは、純正部品以外のパーツは取り外しておくことが必要です。
また、長期に渡って運転しない場合は、タイヤの空気圧を高めにし、燃料は満タン状態で劣化防止剤を混ぜておくことも大切です。
アルミウイングなどの大型トラックは、車検が切れていても高く売れることもありますので廃車にしないことが重要です。
また、事故車やパーツだけでも、業者によっては引き取ることがあります。
アルミウイングを中古で初めて購入する場合は、実績のあるトラック専門の販売業者を選ぶことがポイントです。
また、外観やエンジン回りなどの確認以外に、フロントガラスのキズや積載部分の扉などの開閉状態は十分なチェックが必要です。

査定はとても簡単

大型車

側面が大きく開閉するアルミウイング車の需要はとても安定しています。
後方部分にドアを設けているトラックより荷物の積み下ろしが楽になるなど、現場での作業効率がとても高いことから運送業界ではとくに大人気です。
またアルミウイング車は2tや4tのほか5tや10tなどサイズも豊富です。
2007年までに普通免許を取得している方であれば総積載量が8tまで運転できるなど、使い勝手も良いことから女性ドライバーにも好評となっています。
人気のアルミウイング車は買取専門店でも高額査定が期待できます。
おおよその買取金額は専門店のホームページから24時間いつでも簡単に調べることができるので、売却を検討する際にも大いに参考となります。
簡易査定で調べた買取金額に納得した場合は売却手続きを始めましょう。
アルミウイング車の売却依頼は簡易査定を行ったホームページから可能です。
メール1本で手軽に依頼できるので、わざわざ専門店に出かける必要はありません。
また日時を指定すれば査定士が指定の場所にまで出張してくれるので、業務が忙しい時でも合間を縫ってスピーディーに売却処分を進めることができます。
売却時には実印や印鑑登録をはじめ車検証や自動車税納付証明書などが必要です。
それ以外の書類はすべて買取専門店側が用意してくれますが、印鑑など自分で用意する必要があるものは手続きをする前にあらかじめ準備しておくようにしましょう。
売却したトラックの代金は指定の口座に振り込みが可能となっているほか、希望すればその場での現金買取も可能となっています。

売却時期を考慮しよう

トラック

トラックを高値で売却するにはちょっとしたコツがあります。その一つが12月から2月の時期に売却することです。また買取専門店に査定を依頼する前にメンテナンスをしておくことも大切です。エンジンや駆動部分のメンテナンスをしっかりと行っておけば、通常よりも高い査定額を期待することができます。

もっと読む

架装トラックの販売と買取

大型車

アルミウイングやパワーゲートの特殊架装が施されたトラックは新車価格が高いため、中古市場でも人気があり、高値で取引されています。とくに海外市場では日本製のトラックの信頼性が高く、日本車というだけで高値で取引されることがあります。

もっと読む

査定を依頼しましょう

トラック

不要となったトラックは買取専門店で売却しましょう。買取専門店に相談すれば古いトラックでも高額査定を期待できます。またディーラーで買取や下取りを拒否されたトラックであっても、買取専門店なら高額査定が期待できるのであきらめずに相談してみましょう。

もっと読む